山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

目黒総合法律事務所/東京 目黒の弁護士-離婚、労働、相続等

山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

山手線目黒駅徒歩5分。弁護士5名。離婚、労働問題、相続など生活に身近な法律問題を主に取り扱っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

03-5719-3735

お気軽にお問い合わせください03-5719-3735 (平日9時半~17時半)

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

離婚

不倫相手に対する慰謝料請求

不貞相手に対する慰謝料請求について
裁判所は、不貞相手に対する慰謝料請求を認めています。なお、不貞行為の典型が性行為・肉体関係であることは間違いありませんが、性行為・肉体関係があることが慰謝料請求を認めるための絶対的要件ではないとする裁判例もあるところです。
通常は、不貞相手に慰謝料の支払いを書面で請求し、交渉で合意に至らなければ訴訟を提起します。
訴訟中にも合意ができなければ裁判所から判決をもらうことになります。

不貞相手からの反論について
(1)不貞行為の不存在の反論
まず、最も多い反論は、不貞行為をしていないというものです。
これについては、配偶者と相手の間に不貞行為があったことを、慰謝料を請求した者が立証しなければなりません。訴訟で不貞行為の存在を立証できなければ、判決で慰謝料請求を認めてもらえなくなります。
立証のための資料としては、メールやラインの記録、写真・録音テープ、興信所による報告書などが考えられます。
それらの資料により立証できそうかについては弁護士に相談するのがよいと思います。

(2)婚姻関係破綻の反論
次に多い反論は、夫婦関係は不貞開始時点で既に破綻していたという主張でしょうか。
そもそも不貞行為に基づく慰謝料請求の根拠は、不貞が婚姻共同生活の平穏の維持を害したからですが、不貞行為の時点で婚姻関係が既に破綻していたのであれば、害する対象がないといえます。
しかしながら、婚姻関係が破綻していたことを立証しなければならないのは不貞相手の側であり、この破綻の証明は実務的にはかなり難しい証明です。裁判所は不貞開始時において婚姻関係が破綻していたと認定することに非常に慎重であるからです。不仲から別居していたとしても破綻していないと判断されることもあります。

(3)破綻を信じていたとの反論
その他には、婚姻関係が破綻していると不貞配偶者から聞いておりそれを信頼していたという反論もあります。確かに、理論的には、婚姻関係が破綻していると過失なく信じたのであれば責任が生じない余地も生じそうです。しかしながら、破綻していると「過失なく」信じるということはあまりないと思われ、実際にも、裁判所がこのような反論を認めることはあまりないように思います。

不貞慰謝料の相場
不貞慰謝料の金額は一律に決められているわけではなく、裁判官が様々な事情を総合的に考慮して判断することになります。
様々な事情とは、例えば、婚姻期間、不貞関係が始まった経緯、不貞関係の内容、不貞が発覚してからの経緯、不貞が夫婦関係に与えた影響等があるでしょう。特に、不貞が夫婦関係に与えた影響、例えば、それにより夫婦関係が破綻したか否か等が金額に影響を与えると思います。
一般的には、50万円から250万円までくらいの間になることが多いでしょうか。

不貞配偶者と不貞相手に対する請求権の相互の関係
不貞配偶者と不貞相手は共同して害を与えたと考えられるので(共同不法行為)、いずれに対しても慰謝料を請求することができ、いずれかから慰謝料の支払いを受ければその限度で慰謝料請求権は消滅します。
例えば、不貞配偶者に250万円、不貞相手に200万円の支払義務が発生する場合、不貞相手から200万円受けとれば、不貞配偶者には50万円しか請求できなくなります。

不貞慰謝料を請求できる期間
不貞行為に基づく慰謝料請求権は消滅時効にかかります。消滅時効期間は3年です。
消滅時効期間が過ぎた後に、相手から時効が完成しているから慰謝料を支払わないと主張されてしまえば、基本的に慰謝料請求権は消滅してしまいます。
3年をどこから数えるのかについては場合によって異なるのですが、少なくとも不貞の事実と不貞相手を知ったときから3年間は消滅しないと考えることができます。

離婚に関する弁護士費用はこちら >

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >