山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

目黒総合法律事務所/東京 目黒の弁護士-離婚、労働、相続等

山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

山手線目黒駅徒歩5分。弁護士5名。離婚、労働問題、相続など生活に身近な法律問題を主に取り扱っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

03-5719-3735

お気軽にお問い合わせください03-5719-3735 (平日9時半~17時半)

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

労働問題のご相談

休職に関する相談

休職とは
休職とは、労働者に労務を提供することが不可能もしくは不適当な事由が生じた場合に、労務提供を免除または拒否することをいいます。
法律上の制度ではありませんが、多くの会社では就業規則により休職制度が設けられています。法律上の制度ではないので、休職制度がない会社もありますし、休職制度の内容も会社によって異なります。

起訴休職や公職休職というものもありますが、傷病を理由とした休職が問題になることが多いので、以下では傷病休職について解説します。

休職の申し出
休職制度は解雇猶予期間(健康回復のための猶予期間)という趣旨で設けられているのが一般的です。
したがって、労働者が就業規則等の定めに従って休職を求めた場合には、会社は休職を拒否することはできないのが原則だというべきです。
ただし、休職期間が満了したときの健康回復の程度によっては解雇の問題が生じることになります。

休職命令
会社が労働者に対して、労務に耐えられないとして、休職を命じることがあります。
休職命令の有効性は、労働者が労務を提供できない健康状態といえるかによって決まります。
労務を提供できない健康状態ではないのに労働者の意思に反し休職命令が発せられたときには、労働者は引き続き賃金の支払いを受けることができることになります。

休職期間中の生活
就業規則等で定められていない限り、賃金は請求できません。

傷病による休職であれば健康保険から傷病手当金の給付を受けられることになります。
なお、業務上の災害に基づく傷病であれば、労災給付を受けることができます。

労働問題に関する弁護士費用はこちら >

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >