山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

目黒総合法律事務所/東京 目黒の弁護士-離婚、労働、相続等

山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

山手線目黒駅徒歩5分。弁護士5名。離婚、労働問題、相続など生活に身近な法律問題を主に取り扱っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

03-5719-3735

お気軽にお問い合わせください03-5719-3735 (平日9時半~17時半)

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

労働問題のご相談

退職勧奨に関する相談

退職勧奨とは
労働者に対して、会社を辞めることを促すことは「退職勧奨」と呼ばれています。
退職勧奨に応じるか否かは労働者の自由です。退職するつもりがないのであれば、はっきりと断りましょう。

なぜ執拗な退職勧奨がなされることがあるのか
解雇には厳格な法規制があり、それら法規制により会社がした解雇は無効となることが多いです。解雇が無効となれば、無効となるまでの賃金支払いと復職を認めなければならなくなります。そこで、会社は解雇と言われることを避けるために、退職勧奨により労働者が自発的に会社を辞めたという形を作りたいのです。

退職勧奨の限界は
労働者がはっきりと断ったのであれば、それ以上退職勧奨を続けることは基本的にできません。
会社の不相当な方法による退職勧奨は、損害賠償請求の対象にもなりうるものです。「労働者が自発的な退職意思を形成するために社会通念上相当と認められる程度をこえて、当該労働者に対して不当な心理的威迫を加えたりその名誉感情を不当に害する言辞を用いたりする退職勧奨は不法行為となる」との裁判例があるところです。
あなたが退職勧奨をはっきり断っても、会社から退職を執拗に迫り続けられる場合には、内容証明郵便で退職勧奨を止めるよう通告することも考えてよいでしょう。

退職届に署名すると
退職届に署名してしまうと、後になって、そのようなつもりはなかったと言っても覆すことは非常に困難なこととなります。
例えば、強迫、詐欺、錯誤等があったために、退職届を出してしまったという場合には、退職の取り消し又は無効を主張できる可能性はあります。ただ、これを裁判所に認めてもらうことは非常に大変なことだと思います。会社はそのようなことはなかったと言うでしょうから、労働者が強迫等の存在を立証しなければならなくなるからです。そのような難しさを知っているからこそ、悪質な会社は無理な退職勧奨をするといってもよいのかもしれません。
退職届に署名しないことが何よりも重要だと思います。

退職に応じてもよいと考えるときは
ご相談者が退職勧奨をしてくるような会社に勤め続けることに不安を持ち、条件次第では辞めてもよいと考えるときは、会社との間で退職条件について交渉することが考えられます。その判断はケースバイケースであると思われるため、弁護士に相談するのがよいと思います。

労働問題に関する弁護士費用はこちら >

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >