山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

目黒総合法律事務所/東京 目黒の弁護士-離婚、労働、相続等

山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

山手線目黒駅徒歩5分。弁護士5名。離婚、労働問題、相続など生活に身近な法律問題を主に取り扱っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

03-5719-3735

お気軽にお問い合わせください03-5719-3735 (平日9時半~17時半)

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

労働問題のご相談

解雇と自主的退職の違い

解雇とは
「解雇」とは、会社の意思表示で一方的に労働者を辞めさせることです。
労働者が自発的に会社を辞めた場合には解雇とはいえません。退職勧奨に応じて会社を辞めた場合も解雇ではありません。

なぜ解雇していないと会社から言われることがあるのか?
会社が「解雇」をしたかについては、証拠(会社が発行した解雇通知書等)がない場合に、争いになることがあります。
会社から、労働者の意思で来なくなったにすぎないとか、辞めることに同意していたなどとして解雇していないと主張されることがあるのです。
それはなぜかというと、解雇には厳格な法規制があり、それら法規制により解雇が無効となれば、会社はそれまでの賃金及びそれからの賃金も支払わなくてはならないことになってしまうからです。

会社の意思を明確にするためには?
会社があいまいな態度に出る等の場合には、自分から会社を辞める意思はないことを書面で送ったり、辞める意思はないので出勤すると伝え、会社の対応を記録しておくのも方法の一つです。
会社の意思をはっきりさせることが必要で、会社のあいまいな態度を「解雇」と決めつけて行動しないことが必要です。無断欠勤をされたと会社から主張されることは珍しくありません。

口頭で解雇を言い渡されたときには
解雇は口頭ですることもできます。ただし、口頭で解雇されたときは、後にそのようなことは言っていないと覆されてしまう可能性があります(言った、言わなかったの問題になります。)。書面でもらうまでは解雇されたか明らかでないとして出勤することも考えてよいと思います。
ただ、必要なのは解雇されたという証拠であり他に証拠があれば必ずしも書面がなくても足りることはあります。裁判所においていかなる認定がされそうか、については弁護士に相談するのがよいと思います。
また、会社は、解雇したとき、労働者から請求がされたら解雇理由書を発行しなければならないことになっています(労働基準法22条)。

労働問題に関する弁護士費用はこちら >

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >