山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

目黒総合法律事務所/東京 目黒の弁護士-離婚、労働、相続等

山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

山手線目黒駅徒歩5分。弁護士5名。離婚、労働問題、相続など生活に身近な法律問題を主に取り扱っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

03-5719-3735

お気軽にお問い合わせください03-5719-3735 (平日9時半~17時半)

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

離婚

養育費について

養育費とは?
養育費とは、子どもを監護するために必要な費用であり、例えば子どもの生活費、教育費、医療費などです。
子どもを監護していない親は、子どもが成人に至るまで、養育費を毎月支払わなければなりません。離婚したとしても、親子であるという関係は変わらず、したがって子どもに対する扶養義務を負うからです。
非監護親が自己破産した場合でも、子どもの養育費の支払義務はなくなりません。監護親が養育費を請求しないと約束したとしても、養育費支払義務はなくならないと考えられています。

婚姻費用との違いは?
離婚前に、他方配偶者とその監護する子どものために渡す生活費が「婚姻費用」です。
離婚後、子どものために監護親に渡す生活費が「養育費」です。
お互いの収入が変わらなければ、「養育費」は「婚姻費用」より低くなります。

養育費の金額についての裁判所の判断基準は?
養育費の金額は、「養育費標準算定表」の枠内で決定されることが通常です。
養育費標準算定表は、こちらのURLからダウンロードできます。
http://www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/santeihyo.pdf
養育費標準算定表では、子供の人数・年齢と、義務者(養育費を支払う側。非監護親。)と権利者(養育費を支払ってもらう側。監護親。)の収入をもとに、養育費の金額を容易に計算することができます。
ただ、算定表での金額は養育に実際に必要な金額からすると低額であるからか、父母の合意で算定表を超す養育費の支払いがされているという例はわりとよくみます。

養育費の金額を決める手続きは?
養育費の支払いについて、協議離婚においては、夫婦の話し合いで決定します。養育費についての後日の紛争を避け、確実に回収するために、話し合いで決めたことは書面にしておくべきであり、可能であれば「公正証書」という形で残しておくべきです。

離婚調停をするときは、その中で養育費を求めます。離婚調停が成立せず、離婚裁判が提起されたときは、その中で養育費を請求することになります。
離婚する際に養育費が決められていなければ、離婚後に養育費を請求する調停を申し立てることになります。

離婚の際に養育費を取り決めていたときでも、取り決め当時に予測し得なかった事情の変更が生じた場合には、相手方に対し、養育費の増額又は減額を請求することができます。事情の変更としては、例えば、収入の著しい変動、再婚等があたりえます。相手方が養育費の増減の話し合いに応じてくれなければ調停を申し立てることになります。

養育費の回収
履行勧告
調停や審判・裁判で養育費が決められていれば、家庭裁判所に履行勧告の申し立てをして、家裁から督促をしてもらうことができます。ただし、履行勧告に強制力はありません。

強制執行
調停や審判・裁判で養育費が決められたのであれば、養育費の支払義務者の財産に対して、強制執行をすることが可能です。
ただ、協議離婚の際に、夫婦が口頭または書面で養育費支払いの合意をしただけでは、すぐに強制執行を行うことができません。協議離婚をする際には、養育費の支払いについての合意内容を公正証書にすることにより、支払義務者の財産に強制執行をすることができるようになります。協議でまとめる場合には公正証書の作成をお勧めします。
強制執行の対象ですが、支払義務者が給与生活者であれば、その給料を差し押さえて、養育費の支払いに充てることが可能です。差し押さえなどを受けることを会社に知られたくないのが通常なので、支払義務者が安定したサラリーマン、公務員であれば、請求をすれば支払われることがそれなりに多いです。
支払義務者が給与生活者でない場合には、預貯金等に強制執行していくことになります。

税金
養育費については原則として課税されません。
子の生活費や教育費に充てられるものであるからです。
ただし、養育費の支払いを月々ではなく、一括で受ける場合には贈与税が課されることがあります。

離婚に関する弁護士費用はこちら >

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >