山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

目黒総合法律事務所/東京 目黒の弁護士-離婚、労働、相続等

山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

山手線目黒駅徒歩5分。弁護士5名。離婚、労働問題、相続など生活に身近な法律問題を主に取り扱っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

03-5719-3735

お気軽にお問い合わせください03-5719-3735 (平日9時半~17時半)

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

離婚

面会交流について

面会交流とは?
面会交流とは、別居中や離婚後に、子どもと同居していない親が、子どもと会ったり、手紙や電話などを通して子どもと交流することを指します。
夫婦は離婚したことにより基本的に関係はなくなりますが、子どもと親という関係には変わりはありません。
子どもは、面会交流を通じて、両親から愛されているという自覚を持ち、安心感と自尊心を育むことができると言われています。
面会交流は、親が子どもに会いたいという当然の望みを叶えるものであると同時に、子どもが同居をしていない親に会う権利でもあります。

面会交流の難しさ
同居親は別居親からの面会交流の求めを嫌がらせととりがちであり、別居親は同居親の態度を子どもとの断絶を図ろうとしているととりがちです。
難しいことだとは思いますが、子どもの利益という観点から、父母間の問題とは分離して冷静に話し合うことが望ましいのでしょう。

面会交流を取り決める手続きは?
面会交流は、回数、1回あたりの時間などについて両親が話し合いにより取り決めることになります。
面会交流について父母間の話し合いで決めることが難しければ、調停手続きの中で、話し合いで取り決めることになります。
調停手続においても合意ができない場合には、家庭裁判所が一切の事情をもとに、面会交流の回数等について判断します。

面会交流の判断基準は?
家庭裁判所は、面会交流に対して積極的な傾向があります。
面会交流は、子どもの利益にかなうと考えられているからです。
そのため、子どもの福祉を害するような特段の事情がない限り、面会交流を行うよう強く説得されます。
子どもの福祉を害するような事情には、
①子どもが面会交流の際に連れ去られてしまう危険性
②子どもに対する虐待のおそれ
③別居親の同居親に対する暴力など
④子どもの拒絶(特に10歳以上の場合。同居親の意向の影響がないか確認されます。)
があります。ただし、②以外は、具体的ケース次第だといえそうです。

試行的面会交流や第三者機関の活用も
相手方に対する恐怖心により顔を合わせられない、子どもが連れ去られるのではないか不安であるときなどには、試行的面会交流や第三者機関を通じた面会交流という方法もあります。
試行的面会交流とは、家庭裁判所内の部屋で、家庭裁判所調査官の立ち会いの下で、子どもと別居親の交流を行うというものです。
同居親は、交流中の様子を別の部屋のモニター等で確認することができます。
第三者機関を通じた面会交流とは、面会交流を支援するNPO法人などの支援により面会交流を行うというものです。家庭裁判所調査官OBらが運営しているFPIC(「エフピック」と呼びます。)というNPO法人を利用することが多いのではないでしょうか。また、資力要件がありますが、「東京都ひとり親家庭支援センター はあと」から、費用の援助を受けられることがあります(面会交流の実施はFPICに委託しているようです。)。

面会の約束を守らない場合は?
調停や審判で決められた義務を同居親が守らないときは家庭裁判所に履行勧告をしてもらうことができます。
また、調停や審判で面会交流の日時・方法などについて具体的な取り決めがされている場合には、間接強制の申し立てが考えられます。間接強制とは、一定期間内に一定の行為をしない場合には一定の金銭を支払えと裁判所が命じることによって、心理的に強制しようとする方法をいいます。

離婚に関する弁護士費用はこちら >

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >