山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

目黒総合法律事務所/東京 目黒の弁護士-離婚、労働、相続等

山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

山手線目黒駅徒歩5分。弁護士5名。離婚、労働問題、相続など生活に身近な法律問題を主に取り扱っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

03-5719-3735

お気軽にお問い合わせください03-5719-3735 (平日9時半~17時半)

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

離婚

調停離婚について

離婚調停とは
離婚調停という方法は、簡単に言うと、離婚についての話し合いを「裁判所」で行うというものです。
離婚についてはいきなり訴えるという方法は原則としてできず、先にこの離婚調停を行わないといけません(調停前置主義)。

申し立て
離婚調停は、調停申立書を作成し、相手の住所地にある家庭裁判所に提出することで開始します。
申立書の書式は裁判所のホームページでダウンロードできます。

調停の進行
裁判所が選んだ2人の調停委員(男女それぞれ一人)に間に入ってもらえます。
裁判所では、夫と妻が一緒に調停室に入るということは原則としてなく、交互に調停室に入って、自分の言いたいことを調停委員に伝えるという方法がとられます。
夫と妻の待合室は別室となっていますので、顔を合わせることすらないまま、その日の調停が終わるというのが通常です。
調停では、離婚するか否かに加え、親権、養育費、慰謝料、財産分与に関する問題などが話し合われます。
(もちろん人にもよるものですが)良識的で中立的な第三者が間に入ることで、感情的ではない話し合いができることが期待されるところです。

調停成立
夫婦が合意に達すると、裁判官が現れ調停調書というものが作成され、そこには離婚することに合意したこと、子どもやお金に関する事項が記載されます。
調停調書は判決と同一の効力を有するので、内容についてよく理解できたといえるまで説明をしてもらいましょう。

離婚届の提出
離婚調停が成立しても、戸籍に反映させるためには、離婚届を作成し(相手方の署名押印は不要)、これに調停調書謄本という書類を添えて役場に提出する必要があります。

離婚に関する弁護士費用はこちら >

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >