山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

目黒総合法律事務所/東京 目黒の弁護士-離婚、労働、相続等

山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

山手線目黒駅徒歩5分。弁護士5名。離婚、労働問題、相続など生活に身近な法律問題を主に取り扱っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

03-5719-3735

お気軽にお問い合わせください03-5719-3735 (平日9時半~17時半)

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

取扱分野(刑事事件)

要保護性とは

要保護性とは
少年事件では、要保護性というものも審判の対象となります。
要保護性とは、主には、少年の資質や環境等に照らして、少年が再び非行をする危険性があるかです。
要保護性が高いとされれば、保護処分も重くなっていくおそれがあります。
したがって、弁護士としては、再度の非行の危険性を下げるための活動をすることになり、その中には例えば下記のものがあります。

内省を深めてもらうこと
少年に自分と向き合ってもらうことです。
非行事実を認めるのであれば、①なぜそのようなことをしたのか自己分析してもらい、②自己分析を踏まえ、非行を再度しないためにはどうすればよいか考えてもらいます。①②の際には被害者の気持ちを想像するように促したりします。

示談をすること
示談がなされたことは、保護者(少年)が民事責任を果たしたことを意味するから、要保護性の減少につながる事情であると考えられます。示談の過程で少年の内省が深まることもあるといえます。

保護者との関係改善
少年と親とがお互いに強い不満を持ち合っており、それゆえコミュニケーションが充分にとられていないことがあります。
弁護士がある意味では中に入り、お互いの不満を整理し、落としどころをお互いに考えてもらったりします。

将来の道筋を図ること
将来がみえないと少年の生活も荒みがちになるのではないかと思います。
少年や保護者と共に将来を考え、学校や仕事を探したりします。

刑事事件に関する弁護士費用はこちら >

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >