山手線目黒駅、目黒線目黒駅から各徒歩6分

未来につながる解決を目黒総合法律事務所

山手線目黒駅、目黒線目黒駅から各徒歩6分

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談下さい

03-5719-3735

平日9時半~17時半

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

別居中(離婚成立前)に児童手当の振込先を変更する方法

離婚を悩まれた方の多くは、経済事情を気にされると思います。
特に、お子さんがいらっしゃれば、今後育てていくために必要なお金のことを心配し
て当然だと思います。もちろん、十分な金額の養育費を支払ってもらえれば不安も減
るのですが、トラブルになっている相手からスムーズにお金をもらえることは残念な
がらレアケースです。
それよりも行政からいただける各種手当は、確実にいただけるものですし、実際にこ
れからシングルになる際に大きな助けになりますので、必ずお近くの役所の子育て支
援課さんに相談することをお勧めします。

さて、今回のコラムでは、その手当の中でも特に「児童手当」について、ご紹介しよ
うと思います。
「児童手当」は、児童を育てる保護者に対して支給される手当のことです。多くのご
家庭では、父親である夫名義の口座を受取口座として受給されているのではないかと
思います。
では、夫と別居して、母親と子どもが一緒に生活するようになったとき、「児童手
当」はどうなるのかというと…、何もしなければ引き続き夫名義の口座に支給されま
す。
「実際に一緒に暮らして子どもさんの面倒を見ているのが母親なのにおかしい!」と
いう声をよく聞くのですが、本当にその通りなので、この後で書く方法を参考にし
て、子どもさんのためにも離婚する前から母親が受給できるように検討していただけ
たら嬉しいです。

まず、最初のハードルが「世帯」になります。
これは、実際には別居しているのだけど、住民票は動かしていないため、世帯が一緒
になっている場合の問題です。
別居のタイミングで住民票を移していれば、この問題は解決しますので、特に大きな
問題がなければ住民票を移されると良いかと思います。
ただ、「出て行った夫が住民票を移してくれない」とか、「夫が怖くて新しい住所を
知られたくないから住民票を移せない」といった方もいらっしゃるかと思います。
その場合は、「世帯分離」という方法を窓口にご相談ください。
同じ住所地で世帯が二つということで住民票が別々になります。こうすることで、母
親が世帯主で子どもさんがそこに入っているという状況になります。

しかし、これだけだとまだ児童手当は受け取れません。
住民票が別というだけで、離婚の前段階なのか単なる単身赴任なのかの区別がつかな
いため、「生計を維持する程度の高い方(=収入が高い方)」に振り込まれるので
す。
そこで、この二つ目のハードルを越えるためのステップとして、「紛争状態になって
いること(トラブルになっていること)」を窓口に説明することになります。
もう離婚調停中という段階であれば、単に調停の書類を窓口に持っていけば対応して
いただけることが多いかなと思います。
「期日通知書」とか、「期日請書」といった調停中であることがわかる書類を提出し
てくださいねって言われることが多いです。
まだ調停前の段階であれば、決まった書式はありませんが、とにかく離婚協議中とい
うことがわかるものが必要になります。
代理人の弁護士として「離婚協議中です」という書類を作成したこともありますし、
報告書の形でトラブルになっていることを明らかにしたこともあります。
これで、窓口の方でも必要な書類が整えば、離婚前の別居段階であっても「児童手
当」を母親が受け取ることができます。

いかがでしたでしょうか?
まずは「世帯」を分けて、次に「離婚のことでトラブルになっている」ことを明らか
にすれば、ちゃんと子どもさんのための「児童手当」を受給することができることが
ほとんどです。
「児童手当」はお子さんのためのお金ですから、夫婦の関係がどうであれ、子どもさ
んのために頑張っていただければと思います。もしも「私の場合はどうなんだろう
…?」と分からないことがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。
それでは、今後ともよろしくお願いいたします。
(弁護士 押見和彦)

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >