山手線目黒駅、目黒線目黒駅から各徒歩6分

目黒総合法律事務所

山手線目黒駅、目黒線目黒駅から各徒歩6分

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談下さい

03-5719-3735

平日9時半~17時半

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

新型コロナウイルスと雇用

新型コロナウイルスに伴う経営不振により雇用が不安定になっているものと思われます。
そこで、経営不振を理由とした雇用契約打ち切りの有効性について以下簡単にまとめました。

経営不振を理由として行う解雇は整理解雇と呼ばれています。
整理解雇の有効性は、裁判例上、①人員削減の必要性、②解雇回避努力、③人選の合理性、④手続きの妥当性を考慮して判断するとされています。
一般に整理解雇の有効性は容易に認められるものではないといえます。
コロナウイルスに関していうと、いつどのようにして終息していくのかわからないこと、雇用調整助成金等の支援策の存在が、解雇回避努力との関係で問題となるような気がします。

コロナウイルスの拡大に伴い内定が取り消されたという報道があります。
しかし、内定取り消しの法的ハードルは決して低いものではありません。
内定があれば通常その時点で労働契約が成立すると考えられるので、内定取り消しは解雇ということになるからです。経営不振を理由とした解雇は前述した通り容易に認められるものではありません。

正社員の解雇の前にされがちであるのが有期労働契約の更新拒絶である雇い止めです。
契約期間の満了があったという点で解雇との違いはありますが、会社は一定の場合には契約の更新拒否はできないことになっています(労働契約法19条)。
そのため、雇い止めがなされたときには、そもそも契約期間がなぜ有期とされていたのか、これまでの経緯等につき検討する必要があるでしょう。

雇用契約打ち切りの話が出たときには、ご自身で解釈することなくいったん持ち帰り、弁護士に相談することをお勧めします。
会社は、解雇という形を避けるために、退職届等に執拗に署名を求めることがありますが、退職届に署名をしてしまうと後になって解雇を争うことは難しくなるものなので、注意が必要といえます。
(山崎)


【関連条文】
労働契約法16条
解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

労働契約法19条
有期労働契約であって次の各号のいずれかに該当するものの契約期間が満了する日までの間に労働者が当該有期労働契約の更新の申込みをした場合又は当該契約期間の満了後遅滞なく有期労働契約の締結の申込みをした場合であって、使用者が当該申込みを拒絶することが、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められないときは、使用者は、従前の有期労働契約の内容である労働条件と同一の労働条件で当該申込みを承諾したものとみなす。
一 当該有期労働契約が過去に反復して更新されたことがあるものであって、その契約期間の満了時に当該有期労働契約を更新しないことにより当該有期労働契約を終了させることが、期間の定めのない労働契約を締結している労働者に解雇の意思表示をすることにより当該期間の定めのない労働契約を終了させることと社会通念上同視できると認められること。
二 当該労働者において当該有期労働契約の契約期間の満了時に当該有期労働契約が更新されるものと期待することについて合理的な理由があるものであると認められること。

【関連裁判例】
特定の事業部門の閉鎖に伴う整理解雇が就業規則にいう「やむを得ない事業の都合による」ものといえるためには、第一にその事業部門の閉鎖に合理的理由があり、第二に当該事業部門の従業員を他に充当する余地がない場合、または、右の配置転換を行つても全企業的にみて剰員の発生が避けられない場合、第三に整理解雇対象者の選定が客観的、合理的基準に基づくこと、の三個の要件を充足することが必要であり、かつ、それをもつて足りる。
(東京高等裁判所昭和54年10月29日判決)

社員公募に対する応募は労働契約の申込であり、これに対する採用通知は右申込に対する承諾であつて、これにより、応募者との間に、労働契約の効力発生の始期を採用通知に示された採用の日とし、解約権を留保した労働契約が成立したものと認めることができる。
(最高裁判所昭和55年5月30日判決)

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >