山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

目黒総合法律事務所/東京 目黒の弁護士-離婚、労働、相続等

山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

山手線目黒駅徒歩5分。弁護士5名。離婚、労働問題、相続など生活に身近な法律問題を主に取り扱っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

03-5719-3735

お気軽にお問い合わせください03-5719-3735 (平日9時半~17時半)

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

労働問題のご相談

賃金等の減額に関する相談

合意原則とは?

労働条件の変更は合意に基づいて行われるのが原則ですから(労働契約法8条)、会社が一方的に賃金や退職金に関する労働条件を不利益に変更することは原則としてできません。

減額に合意したら?

労働者の同意があれば、法令等に反しない限り不利益に変更はできます。
ただ、合意の認定は慎重になされるべきであるとされています。
明確な合意行為(減額等に同意する旨の署名をしたことなど)をしたのでなければ合意とは認められない可能性が相当にあると考えられます。

また、賃金や退職金に関する労働条件変更に対する労働者の同意の有無は、労働者の自由な意思によりなされたと認めるだけの合理的理由が客観的に存在していなければならないとしています。
労働者が、退職金の不利益変更に同意する署名をした場合であってさえも、同意したことによる具体的な不利益がよく見通せないものであり、会社からの説明も不十分であったときには、同意したとは認められない場合があると考えられます。

就業規則の変更で減額される?

就業規則の変更によって不利益に労働者の労働条件を変えるには、その変更に「合理性」がなければならません。
特に、賃金を切り下げる就業規則の変更をする場合には、特に高度の必要性(合理性)が要求されます。
簡単には認められないといってよいでしょう。

降格処分による賃金の引き下げの場合

職能資格と基本給の額とを連動させる賃金制度が導入されており、職能資格が引き下げられたことにより賃金も引き下げられることがあります。
しかしながら、職能資格は職務遂行能力に基づいて定められますが、職能資格制度上、職務遂行能力の低下は一般的には予定されていないものです。
したがって、労働者の合意があるか、就業規則上の引き下げ権限が会社に与えられている場合に限り可能であると考えられています。

また、役職の低下に伴い、それらと連動した手当が不支給となることがあります。
この場合は、役職の引き下げ自体が適法である限りは相当とされています。

労働問題に関する弁護士費用はこちら >

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >