山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

目黒総合法律事務所/東京 目黒の弁護士-離婚、労働、相続等

山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

山手線目黒駅徒歩5分。弁護士5名。離婚、労働問題、相続など生活に身近な法律問題を主に取り扱っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

03-5719-3735

お気軽にお問い合わせください03-5719-3735 (平日9時半~17時半)

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

労働問題のご相談

残業代請求の手順・流れ

1 内容証明郵便
受任をしたら内容証明郵便で会社に残業代の支払いを請求します。
目的は、時効を止めるということと、契約書等の資料を開示してもらうことです。
残業代は2年の時効にかかるので、請求をすることにより時効の進行をいったん止める必要があります。
資料の開示を求める趣旨は、開示された資料が残業代の計算に資するからです。

2 残業代の計算
手持ちの資料・記憶と開示された資料から具体的な残業代の額を計算します。
通常はエクセルの計算ソフトを用いて行います。
残業代請求はこの計算がけっこう大変だったりします。

3 交渉
具体的な残業代の金額が出たら会社に再度連絡を取り、その額での支払いを請求します。
一般論として、会社に弁護士が代理人として就き、かつ、その弁護士による計算額がこちらと近ければ交渉による和解の可能性がそれなりにあるといえます。

4 法的手続き
会社と交渉が成立しなければ法的手続きをとることになります。
労働審判か訴訟かご依頼者に決めてもらうことになります。
大まかにいえば、裁判官に時間をかけて精密に審理をしてほしければ訴訟、迅速な解決を希望するのであれば労働審判ということになるでしょうか。

労働問題に関する弁護士費用はこちら >

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >