山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

目黒総合法律事務所/東京 目黒の弁護士-離婚、労働、相続等

山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

山手線目黒駅徒歩5分。弁護士5名。離婚、労働問題、相続など生活に身近な法律問題を主に取り扱っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

03-5719-3735

お気軽にお問い合わせください03-5719-3735 (平日9時半~17時半)

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

離婚

離婚後の戸籍と姓

結婚後の戸籍
結婚をすると、夫婦の氏(姓)として、夫か妻かいずれかの氏を選ぶことになります。
夫の氏を称するときは夫が、妻の氏を称するときは妻が戸籍の筆頭者となり、夫婦のための戸籍が作られます。
夫婦の間に子どもが産まれれば、子どもは父母の氏を称するとともに、父母の戸籍に入ることになります。
例えば,父,母,子ども(長女)の三人家族「○○家」があったとして,父が筆頭者という場合に,その戸籍は次のようになっています。
「本籍地:東京都△△区××町・・番地
 筆頭者:○○ 父
  妻 :○○ 母
 長 女:○○ 子    」

離婚後の氏と戸籍
離婚をすると、婚姻に際し相手方の氏を称した者は婚姻中の戸籍から除かれ、原則として復氏し(旧姓に戻り)、婚姻前の戸籍に戻ります。
両親が亡くなる等して婚姻前の戸籍がなくなっていた場合には、新しい戸籍が作られます。婚姻前の戸籍がなくなっていなかった場合でも、新しい戸籍を作ることができます。

婚氏続称
婚姻によって氏を変更したものが婚姻中の氏を使っていきたいと考えた場合、離婚の日から3か月以内に婚氏続称の届出をすることによって婚氏(旧姓)を使っていくことができます。
離婚の届出と同時に婚氏続称の届出がされた場合には、直ちに婚姻中の氏で新しい戸籍が作られます。
3か月を過ぎてしまったが、婚氏を続称したいという場合には、家庭裁判所から氏の変更の許可をもらってから、氏の変更届出をすることになります。

子の氏と戸籍は変わらないこと
父母が離婚したときでも、子どもの氏(姓)は変更されず、戸籍も従前のままです。
例えば、母が婚姻により氏を変えていた場合には、たとえ母が親権者となって子どもと一緒に暮らしていたとしても、戸籍は「父・子」と「母」に分かれ、子どもの氏は父と同じのままです。
この場合に、子どもを母の戸籍に入れるためには、子どもの氏を母と同じ氏に変更する手続きをとる必要があります。
ちなみに、母が旧姓に戻さず、婚氏のままだったとしても、同じ手続を取らなければなりません(ややこしいのですが、呼称としては全く同じでも、この場合は民法上は別の氏とされているのです。)。

子の氏の変更の手続き
手続きとしては、家庭裁判所に子どもの氏を変更して欲しいという申し立てをして,家庭裁判所から氏の変更許可をもらいます。子が15歳未満であれば申立人は法定代理人(親権者)であり、15歳以上であれば、申立人は子本人です。
離婚に伴う申し立ての場合、子の氏の変更は許可されるのが通常です。
この許可の審判書を持って役所に行き、子どもの入籍届手続を行うことで、ようやく母と子は同じ戸籍に入る(子は父の戸籍から抜ける)ということになります。なお、一つの戸籍に入れるのは2世代までであるので、子を入籍させるためには、離婚後に実家の戸籍に戻るのではなく、自己を筆頭者とする新戸籍を作っておく必要があることになります。

再婚後の氏と戸籍
再婚すると再婚相手と氏を同じくし、同じ戸籍に入ることになります。
子どもの親権者が再婚相手の氏を選択したときには、親権者と子どもとで氏が異なることになります。このときは、子の氏の変更手続きをとり、入籍をすることができます。

離婚に関する弁護士費用はこちら >

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >