山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

目黒総合法律事務所/東京 目黒の弁護士-離婚、労働、相続等

山手線目黒駅、東急目黒線目黒駅から各徒歩5分

山手線目黒駅徒歩5分。弁護士5名。離婚、労働問題、相続など生活に身近な法律問題を主に取り扱っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

03-5719-3735

お気軽にお問い合わせください03-5719-3735 (平日9時半~17時半)

24時間受付 お問い合わせフォームはこちら

離婚

法定離婚原因とは?

法定離婚原因とは
夫婦のどちらかが離婚をすると決意した場合、相手が協議又は調停手続きの中で同意すれば、離婚の成立自体に特段の問題は生じません。
あとは養育費、慰謝料などの条件が問題になるだけです。
しかし、夫婦の片方が離婚に最後まで同意しない場合、離婚をするためには裁判官から離婚するとの判決をもらう必要があります。
裁判官が離婚判決をするためには、民法で定められた「離婚原因」に該当する必要があります。

離婚原因の種類
離婚原因は、①相手が不貞行為をしたとき、②相手から悪意で遺棄されていたとき、③相手の生死が3年以上明らかでないとき、④相手が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき、⑤その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき、の5つです。

①は、配偶者ある者が自由な意思に基づいて配偶者以外の者と性的関係を結ぶことをいいます。いわゆる不倫、浮気です。
②は、正当な理由なく夫婦の協力・同居・扶助義務を行わないことをいいます。正当な理由は、別居した目的、別居による相手方の生活状況、生活費送金の有無、別居期間等を総合的に考慮して判断されます。
③は、3年以上生存も死亡も確認できない状態が現在も引き続いていることをいいます。行方不明でも、単に居所がわからないだけで生存が分かっているときには当たりません。
④は、精神障害の程度が婚姻の本質ともいうべき夫婦の相互協力義務を十分に果たしえない程度に達している必要があり、また看護状況や生活状況も考慮され判断されます。
⑤は、夫婦関係が破綻しており、共同生活回復の見込みがないと認められることです。
なお、実際には、①不貞行為か、⑤婚姻関係の破綻が離婚事件の多くを占めるといえます。

婚姻関係の破綻とは
婚姻関係の破綻とは、夫婦関係が破綻しており、共同生活回復の見込みがないと認められる場合と一般論としてはいえますが、法律にはこれ以上の説明がありませんので、離婚が認められるかの見通しをつけるのは困難といえます。
最終的には、裁判官が全事情を総合的に考慮し、婚姻関係が破綻しているか否かを判断することになります。
DVや不貞等の通常婚姻関係を破綻させるような事情がなく、性格の不一致等を理由とするようなときは、別居期間の長さが比較的重要視されるものではないかと思います。協議、調停の話し合いをしている間に破綻の認定に必要な別居期間が過ぎていたということもあります。

最後に
これまでに述べてきたのは、あくまで協議、調停で解決できない場合です。
実際には片方が当初は離婚に反対していたが、手続きの中で合意に至るということは多いです。
ただし、判決で離婚が認められる見込みの程度は、離婚条件を決める際の交渉力に影響を与えるものです。
その点からも、見込みの程度については、弁護士に相談をするのがよいのではないでしょうか。

離婚に関する弁護士費用はこちら >

暮らしの中のお困りごと、お気軽にご相談ください

目黒区の弁護士事務所 平日9時半~17時半

03-5719-3735

03-5719-3735

相談予約はこちら

メール相談、相談予約はこちら 相談予約はこちら >